大切な人をサポートし続けるために
監修:
柊中くきなか 智恵子 先生
熊本大学大学院生命科学研究部環境社会医学部門看護学分野 准教授/
認定遺伝カウンセラー®・日本難病看護学会認定 難病看護師

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)の患者さんをご自宅でサポートされている方のために、知っておいていただきたい情報をまとめています。
在宅で大切な人のサポートをしている方の中には、何かしらの悩みや不安を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
大切な人をサポートし続けるためには、介護者ご自身の健康や日常生活を大切にして、悩みや不安があれば、それを一人で抱え込まないことが肝心です。
このコンテンツが、みなさまの日頃のサポートの一助となれば幸いです。

*:「遺伝性ATTR(ATTRv)アミロイドーシス」、「FAP(Familial Amyloid Polyneuropathy)」とも呼ばれています。

● ここでご紹介している内容をまとめた冊子があります。

冊子イメージ

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの患者さんをご自宅でサポートされている方へ

監修: 柊中 智恵子 先生(熊本大学大学院生命科学研究部環境社会医学部門看護学分野 准教授 / 認定遺伝カウンセラー®・日本難病看護学会認定 難病看護師)

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)の患者さんをご自宅でサポートされている方のために、知っておいていただきたい情報をまとめた冊子です。

PDFのダウンロードはこちら