遺伝性の病気を理解するために
監修:植田 光晴 先生(熊本大学 脳神経内科学 教授)

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)は、生まれつき遺伝子の一部が異なる(変異する)ことで起こる病気です。遺伝子は親から子へ受け継がれるため、患者さんのご家族(血縁者)の中にも、この病気の原因となる遺伝子の変異がある方がいるかもしれません。
ここでは、この病気をさらに理解していただくために、「遺伝」やカウンセリングなどについてご紹介します。

*:「遺伝性ATTR(ATTRv)アミロイドーシス」、「FAP(Familial Amyloid Polyneuropathy)」とも呼ばれています。