清潔の保持

唾液が出にくい

歯を磨いている男性のイラスト画像ガムのイラスト画像

この病気では、唾液が出にくくなることがあります。唾液の分泌量が少なくなると、口の中が乾燥する、食べ物をかみにくい、味を感じにくいなどの不快感が現れたり、細菌が繁殖して虫歯になりやすくなったりします。
以下のことに注意して、日ごろから口腔ケアを行うようにしましょう。

  • 歯磨きやうがいなどで、口の中を清潔にする
  • 食事の時は、よくかんで、ゆっくり食べる
  • レモンやミカンなどの柑橘類や梅干しなどを食べたり、ガムをかんだりして、唾液の分泌を促す

など