排泄

下痢や便秘が気になる

乳製品イラスト画像トイレに入っている人のイラスト画像筍とさつまいものイラスト画像お風呂に入っているイラスト画像

自律神経が障害されると、胃腸の働きが乱れて、下痢や便秘になることがあります。
食事の内容を見直したり、介護用品を利用したりして、ご自身の状態に合わせて工夫しましょう。
日常生活に支障をきたしている時は、薬の使用が必要な場合もあるので、担当医に相談しましょう。

[下痢をコントロールするためのヒント]

  • 脂質を多く含む食品や乳製品を食べ過ぎないように注意する
  • 脱水をさけるため、水分を多く摂るように心がける(「心臓が大きくなって動きが悪い(心肥大がある)」と言われている場合は、担当医に相談してください)
  • 食事の一回量を減らし、回数を増やす
  • 下痢がひどく、外出時など不安な場合は、介護用オムツなどを使用する
  • 下痢がひどい時は、トイレでめまいを起こすことがあるので、意識してゆっくり立ち上がる

など

[便秘をコントロールするためのヒント]

  • 食物繊維を多く含む食品(たけのこ、イモ類、こんにゃくなど)を、積極的に摂る
  • 水分を多く摂るように心がける(「心臓が大きくなって動きが悪い(心肥大がある)」と言われている場合は、担当医に相談してください)
  • 腹部を腹巻などで温める、入浴時にマッサージする
  • 無理のない範囲で軽い運動を取り入れる(体を動かすと血流がよくなり、腸の働きが活発になります)

など