睡眠・休息

よく眠れない

女性が立っているイラスト画像 女性・男性が歩いているイラスト画像

自律神経が障害されると、背中が痛くてよく眠れない、寝汗がひどくて途中で目が覚めてしまうなど、睡眠にも影響することがあります。
以下のような対策の中から、ご自身に合ったものを取り入れてみましょう。

  • 部屋の温度や湿度を快適に保つ
  • パジャマは、しめつけの少ない、肌触りのよいものにする
  • 背中など汗をかきやすい部位に、タオルなどを当てておく
  • 無理のない範囲で軽い運動を取り入れる(適度に体を動かすことで、睡眠の質を高めることができます)

など